• 「薬物は多くの人々を破壊しました。しかし、

    悪い政府の政策によって更に破壊されています。」

     

    第7代国連事務総長コフィ・アナン

     

    「40年以上前に、世界は薬物戦争を宣言しました。今日、薬物は少なくとも世界規模で、以前よりも安く、より強力でそしてより広く利用可能です。我々は敗北を認めて、そして代替案を探し始めるべきです。」

  • 薬物政策は全くの失敗でした

    薬物政策は全くの失敗でした。

    私達は大麻の法律を再考し、非犯罪化する必要があります。」

     

    第44代アメリカ合衆国大統領バラク・オバマ

     

     

     

    「長過ぎる間、刑事司法の色眼鏡を通して薬物中毒を見てきた。行うべき最も重要なことは需要を減らすことです。そしてその唯一の解決方法は治療を提供することです - 薬物は公衆衛生問題であり刑事問題ではないと見なすことです。」

     

  •  

    飛躍的な2018年の世界の薬物政策を振り返る

     

    英国医療大麻合法化

     https://goo.gl/LUvk1J

     

    ウクライナオピオイド代替療法拡大

     https://goo.gl/k1P81i

     

    オランダ嗜好大麻栽培計画

     https://goo.gl/8AvP3G

     

    ルクセンブルク大麻合法化

     https://goo.gl/aDa3RK

     

    ギリシャ医療大麻栽培認可

     https://goo.gl/mEHk1E

     

    マルタ医療大麻合法化

     https://goo.gl/2Epw6C

     

    スリランカ医療大麻農園開設

     https://goo.gl/EaDePo

     

    イラン死刑99%廃止

     https://goo.gl/Jz9QZG

     

    レバノン医療大麻合法化計画

     https://goo.gl/vwE6Px

     

    ジョージア大麻非犯罪化

     https://goo.gl/ih6bx1

     

    タイ医療大麻合法化

     https://goo.gl/quRWeP

     

    南アフリカ大麻非犯罪化

     https://goo.gl/cFt62K

     

    ジンバブエ医療大麻栽培認可

     https://goo.gl/5CWcn2

     

    カナダ大麻合法化

     https://goo.gl/UtH7LV

     

    ユタ州医療大麻合法化

     https://goo.gl/cns5sr

     

    ミズーリ州医療大麻合法化

     https://goo.gl/1FHyPz

     

    ミシガン州嗜好大麻合法化

     https://goo.gl/LZEZYn

     

    アンティグアバーブータ宗教医療大麻合法化

     https://goo.gl/kSfwuS

     

    北極圏ヌナブト大麻合法化

     https://goo.gl/kMmSkP

     

    メキシコ大麻合法化計画

     https://goo.gl/WeWYWC

     

    バルバトス医療大麻合法化嗜好大麻投票計画

     https://goo.gl/MUpmDs

     

    ニュージーランド大麻合法化投票発表

     https://goo.gl/xFJ9TY

     

    米国連邦産業大麻合法化

     https://goo.gl/DNdcEB

     

    ニューヨーク大麻合法化計画

     https://goo.gl/4Z7zHi

     

    北マリアナ諸島大麻合法化

     https://goo.gl/xqcfPZ

     

    グアム医療大麻栽培合法化

     https://goo.gl/rMj1Zj

     

    ニュージーランド医療大麻法拡大

     https://goo.gl/QbX7dV

     

    ニュージーランド薬物非犯罪化

     https://goo.gl/KhrT4E

     

    デラウェア州大麻犯歴削除

     https://goo.gl/u5nvdt

     

    マレーシア医療大麻合法化計画

     https://goo.gl/NQKhht

     

    フィリピン医療大麻合法化計画

     https://goo.gl/d97bZ9

     

    ポルトガル医療大麻合法化

     https://goo.gl/PrBQPv

     

    イスラエル嗜好大麻非犯罪化

     https://goo.gl/BrXnif

     

    バヌアツ医療大麻合法化計画

     https://goo.gl/T4a9rX

     

    インド医療大麻研究承認

     https://goo.gl/cCx4CJ

     

    エジプトカイロ薬物非犯罪化法案提出

     https://goo.gl/1scVa5

     

    アイルランド薬物非犯罪化計画

     https://goo.gl/KYXCRn

     

    ノルウェー無料ヘロイン提供

     https://goo.gl/RYYRXG

     

    インドシッキム州薬物非犯罪化計画

     https://goo.gl/Mkt7mJ

     

    セントビンセントグレナディーン医療用科学用大麻非犯罪化発表

     https://goo.gl/TKSNB9

     

    フランス医療大麻合法化実験計画

     https://goo.gl/t4mEAP

     

    韓国医療大麻合法化

     https://goo.gl/AmL1gU

     

    イタリア医療大麻法拡大

     https://goo.gl/Y5kt6g

     

    スイス大麻科学的試験開始

     https://goo.gl/bbk7J7

     

    マン島大麻非犯罪化

     https://goo.gl/kvHX5R

     

    トリニダードトバゴ医療大麻非犯罪化計画

     https://goo.gl/Wxe82g

     

    カリブ海諸国CARICOM大麻合法化検討合意

     https://goo.gl/m8jNNX

     

  •  

    日本公開決定!

     

    WEED THE PEOPLE

    ‐大麻が救う命の物語‐

     

     

     

    医療大麻の知見普及活動を行う一般社団法人GREEN ZONE JAPANさんの尽力により、日本でも上映される運びとなったドキュメンタリー『WEED THE PEOPLE -大麻が救う命の物語- 』の日本語字幕が完成したとわざわざ僕にまで連絡を頂いたので、僭越ながら一般公開に先だって作品を視聴させていただきました。ありがとうございます。

     

    まず、これまでに大麻を題材とするドキュメンタリーをいくつか観ていた影響かもしれませんが、このドキュメンタリーを観た第一印象を語る前に抱いていた先入観として、ストーリー的には癌患者が医療大麻の治療により癌を克服し、医療大麻凄いねとストレートな演出構成になっているのだろうと、どことなく侮っていた自分を反省しました。

     

    そんな単純なストーリーである訳がなかったですね(笑)

     

    だって、この作品は、大麻が主役ではない。

    5人の小児癌患者とその家族の人生を追ったドキュメンタリーだったからだ。家族とそれに関わるたくさんの人達と社会の関わりが織り成す治療生活の過程で経験していく人間感情の変化が、家族と社会と医療大麻にどういう価値を与え続けたかを記録した作品だったからだ。

     

    と、言いつつも、演出構成は包括的である。

    医療大麻の治療作用を見せるだけにとどまらず、大麻の科学研究の現場で何が起り、どういう思惑が交錯し、現在の医療大麻の価値がどう築かれていこうとしてるのか理解し易いように随所に話題が挿入され、それなりに大麻の知見を知る僕でも知らない事実を垣間見ることも出来、新鮮な気持ちをキープしたまま最後まで観終わることが出来ました。

     

    また、それ以上に、

    僕個人の人生においても家族の癌闘病生活を経験してきているので、過去に経験した感情が呼び戻され、現在の知識と折り重なり、複雑な思いを抱いたことも事実です。父が亡くなってもう10年以上経ちます。あの時の僕も映像の中の家族のように必死に生きる方法を模索し続けていました。そして情報を集め、A4テキスト200ページのスクラップブックを作成した悔いが残る経験があります。映像の中でも5つの家族が各々に考え感じ取り築き上げていく家族の幸せの形を映像越しに見つめた時間は自分を見つめ直す機会となったことを記しておきたいと思いました。

     

    大麻のドキュメンタリーとしての大麻の知見や医療大麻業界の情報に関しては僕がこのドキュメンタリーにコメントするまでもないです。なぜならこの作品は知見がある人が観ても、知識に乏しい人が観ても、ある一定以上の理解を促す内容の濃度に仕上がってると感じたからです。それと同時に綺麗事だけではない人間臭い部分も感じさせ、ただの感動作品には収まらないドキュメンタリーならではの考察と発見を提供してくれていると思います。

     

     

    この作品をたくさんの日本人に観て頂きたいと思っています。

     

    最後に、この作品に関わるGREEN ZONE JAPANの皆様を始め、各都市で上映サポートを約束している皆様に最大の尊敬と感謝を。

     

    con

     

    2019年 1月1日より全国自主上映会開催

  • 関わったコンテンツ

    エビデンスに基づく情報の収集、提供、アドバイス

    京都大学薬学部 金子教授への反論 – 警視庁のプロパガンダに立ち向かう・その2

    一般社団法人 GREEN ZONE JAPAN

    https://goo.gl/7XoJHg

    世界の大麻合法化

    インタラクティブマップ

    世界最新最大の大麻情報

    一般社団法人 GREEN ZONE JAPAN

    https://goo.gl/ewK2xT

    大阪大学分子神経科学 木村文隆准教授への反論 ー 警視庁の大麻プロパガンダに立ち向かう その3

    一般社団法人 GREEN ZONE JAPAN

    https://goo.gl/P3xFxp

  •  

     

    動画紹介

    大麻やその他の薬物関連動画の紹介

    山本博士による、大麻がオランダや日本で違法にされた歴史解説

    「そこまで言って委員会」で放送された大麻が違法になった歴史

    米国や日本の大麻が違法にされた歴史

    立法目的の記載がない大麻取締法が出来た理由

    違法薬物はどのように私たちの脳を助けるのか

    英国医薬品安全性委員会および、英国精神薬理学会元会長欧州神経精神薬理学会会長も務めるヨーロッパで最も高名な教授の一人であるデビット・ナット氏が講演したTEDx Talksの動画

    現行の薬物政策(麻薬戦争)に終止符を打つべき理由

    米国の大麻合法化に多大なる影響を持つ「薬物政策同盟」(Drug Policy Alliance)の設立者で事務局長のイーサンネーデルマン氏が講演したTEDx Talksの動画

    あなたが中毒について知っていると思うことはすべて間違っています。

    薬物中毒もスマホ依存も原因は同じ
    多くの人が間違えている、中毒者への正しい接し方とは
    ジャーナリスト、ヨハン・ハリ氏が講演したTEDx Talksの動画
  • 「各国はそれぞれの薬物政策を決定しなければなりませんが、私としては、独断や偏見ではなく、結果に基づく人間中心のアプローチの必要性について、コンセンサスはできているものと考えています。」

     

    第9代国連事務総長アントニオ・グテーレス

  • 専門家の声

    画像が直リンクになっています

    国連と世界保健機関(WHO)が薬物の非犯罪化を要求

    Drug Policy Alliance UN WHO

    国連とWHOは共同声明を発表。

    加盟各国に対し、個人の薬物使用と薬物所持を犯罪とする法律の見直しと廃止を促すよう政府の支持を求める。

    WHOは以前、公衆衛生のために必要な措置として薬物の非犯罪化を求めていましたが、国連とのこの共同声明は、薬物の非犯罪化のための世界的な動きにおける重要な一歩を表しています。

    31の国連機関は薬物の非犯罪化を全会一致で採択。国際薬物非犯罪化を求めて団結

    United Nations organizations CEB

    国連CEB 、様々な方法で「我々の共同の努力を強化し、お互いを支援することを約束する」ことに各機関が合意したと述べた。例えば、「個人的な使用のための麻薬所持の非犯罪化を含む、適切な場合には有罪判決と罰の代替策を推進する」

    大麻は効果的な「比較的安全な薬物」である

    WHO ECDD専門家委員会

    世界保健機関(WHO)は大麻の安全性を見直すために集まった。

    国連の薬物専門家委員会(ECDD)は、大麻は「比較的安全な薬物」であり、世界中の何百万もの人々がすでに数多くの病状を管理するためにそれを使用していることを指摘しています。最終のレビューは3月に発表予定。

    英国王立内科医協会は違法な薬物使用は犯罪であってはならないと言う

    The bmj BMJ 2018 ; 361 doi:https://doi.org/10.1136/bmj.k1832

    英国王立内科医協会は、ヘロイン、コカイン、大麻などの薬を医学以外の理由で服用している人に対する刑事制裁の終結を求める声明を発表した。大学は現在、公衆衛生学部および王立公衆衛生協会(RSPH)の立場を支持しています。

    世界で最もよく知られ、最も評価の高い世界五大医学雑誌の一つである

    The Lancetが重大な社説を発表

    "薬物使用をより安全にするために会話を変える"

    ランセット The Lancet

    「現在の法律を考えると、政府は科学的証拠を受け入れ、薬物使用と害に関する正直な会話を促進し、既存のイデオロギー的または政治的立場を支持する証拠を選択的に聞かないようにする必要がある」

    the bmj 論説 イギリスの医療大麻

    ”患者は利益を追求するために犯罪化されるべきではない”

    the bmj :BMJ 2018; 363:k4844

    世界中の研究者、医師は必ず読むであろう世界5大医学雑誌ブリティッシュメディカルジャーナル誌の論説は大麻についての話が続く

    「私達が薬物のない世界に住むべきであるという考えは、議論する価値すらありません」

    別名 薬物プロパガンダバスター、カール・L・ハート教授

    学界でさえ、薬物に関して事実として認められていることの大部分は薬物戦争宣伝に基づいており、科学的根拠はほとんどない

    「ほとんどの中毒専門家が薬物について貴方に教えてきたことは間違っていることを理解すれば、従来の知識のあらゆることに疑問が存在します。 10分の9はナンセンスだが、貴方の理解者はそれを知らない」

    世界最高の薬物プロパガンダバスター、マイア・スザラヴィッツ

    ヘロインが大問題だったポルトガル。わずか20年で薬物死亡者数が最も少ない国の1つとなった。

    Bloomberg Japan https://goo.gl/tpkqdj

    ポルトガルでは、薬物を全面的に解禁することで、薬物禁止の為に費やしていた予算と労力を依存症患者たちの生きがいを創ることに費やしました。薬物が合法化されたことで依存症患者たちは犯罪者のような目で見られることがなくなりました。そのため社会復帰しやすくなったのです。何よりも大きな成果は薬物を使用する人が激減したことです。この劇的な変革は厳しい取り締まりではなく「薬物の非犯罪化」によってもたらされた。

    ” 誰かが「麻薬」を使用している場合、治療が必要になるわけではありません。100人に約12人が中毒問題を引き起こす「可能性」があります。それらのうち約9人は「治療なし」で自分達で「治癒」します。残りの3人が「治療」を必要とします ”

    犯罪学者ジュリアン・ブキャナン博士             

    ニューヨークは新しい高校薬物教育カリキュラムを開始しています。

    薬物政策同盟 Drug Policy Alliance Safety First    

    既存の「禁欲主義(ダメゼッタイ)」薬物教育は、真に若者に薬物を教えることが出来ず、交換が必要であることを知っていますか?

    「ダメゼッタイ」ではなく、新しく設計された「安全第一主義」薬物教育は、第9、10学年の高等学校の健康クラスで実施されるように進化しました。

    社会の腐敗を正当化する薬物の犯罪化と、法的な強制懲罰が生み出す差別と恐怖は、医療、治療、特に予防へのアクセスを制限しています。

    薬物政策国際委員会 the Global Commission on Drug Policy

    薬物政策国際委員会特別レポート

    「世界の薬物知覚問題 薬物を使う人々の偏見に対抗する」

    ポルトガルからの教訓:薬物政策改革の事例

    ベックリー財団 Beckley Foundation

    成功したポルトガルの薬物政策は、薬物の使用に起因する害の多くは薬物禁止政策で悪化していることの証拠です。

    代わりの新しい薬物政策が現在存在し、それらは機能しています。 ベックリー財団のウェブサイトで詳しく読むことができます。

    研究:タバコとアルコールが世界最強の薬物である

    WHO UNODC IHME

    国連麻薬犯罪事務所(UNODC)と、世界保健機関(WHO)と、保健指標評価研究所(IHME)の共同研究によると、タバコやアルコールのような法律上合法の薬物は、大麻やその他の違法な薬物よりも有害な影響を及ぼす。

    元英国麻薬組織潜入捜査官は、薬物禁止が腐敗と中毒を永続させると言います

     LEAP UK : former U.K. cop Neil Woods

    「昔、英国は米国主導の薬物戦争に長い間抵抗し、1920~1960年代末は麻薬との犯罪関係問題はまったくなかった。人々に与えられた薬物は医療グレードであった為、誰も死亡しなかった。」

    薬物のない世界は「非現実的かつ達成不可能」

    IDPC 国際薬物政策コンソーシアム

    世界の違法薬物市場を根絶するための国連の10年間の世界的戦略は「壮大な政策の失敗」であったと、世界174のNGOのネットワークによる報告が結論を出しました。結果は壊滅的であったと報告書は締めくくった。

    人道的なアプローチを取ります。薬物使用を犯罪化しても中毒問題は解決されない 

    Psychological Association of the Philippines

    声明の中で、フィリピン心理学会(PAP)は、そのような方法は解決策として効果がないことが証明されていると強調した。同グループはまた、麻薬の使用を犯罪とするプログラムは麻薬使用者を不当にし、人権を侵害し、そして法的および適正な手続きを無視するだけであると主張した

  • con切原旦陽

    モーメントリンク

    Twitterアカウント @convictNo798 のツイートまとめ

     

    大麻エビデンス1

     

     

    世界の査読済み科学的証拠のまとめ100件パート1

     

     

    大麻エビデンス2

     

     

    世界の査読済み科学的証拠のまとめ100件パート2

     

     

    大麻エビデンス3

     

     

    世界の査読済み科学的証拠のまとめ100件パート3

     

     

    大麻エビデンス4

     

     

    世界の査読済み科学的証拠のまとめ100件パート4

     

    大麻のゲートウェイ理論を反証する研究まとめ

    研究が進む現代において、科学的に支持されなくなった理論は、大麻プロパガンダとして社会に残像が残っています。

    大麻と自動車運転基礎

    大麻の話題には外せない問題の基礎的知識を纏めてみました

    大麻有害説に使用されがちな論文

    日本の大麻研究論文で話題になった2つの論文の話を纏めてみました

    薬物中毒、依存症

    中毒の定義は、10人の研究者に聞けば10の定義があると言われてるほど曖昧であり、進化著しいジャンルです。

    オピオイド(処方鎮痛薬、ヘロイン、モルヒネ、アヘン、フェンタニル)

    オピオイドに関するまとめ

    ラットパーク実験と類似研究まとめ

    ラットパーク実験の研究者は、薬物中毒の原因は外的要因つまり薬物依存者の置かれた生活環境にあるとします

    世界的薬物政策改革に関するニュース

    英語ソースのニュースを簡単に要約したツイートまとめ その2

    大麻ニュースその1

    100件

    世界の大麻に関するニュースを簡単に要約したツイートまとめ

    詳細ソースはツイートにリンク有り

    大麻ニュースその2

    100件

    世界の大麻に関するニュースを簡単に要約したツイートまとめ

    詳細ソースはツイートにリンク有り

    大麻ニュースその3

    100件

    世界の大麻に関するニュースを簡単に要約したツイートまとめ

    詳細ソースはツイートにリンク有り

    大麻ニュースその4

    100件

    世界の大麻に関するニュースを簡単に要約したツイートまとめ

    詳細ソースはツイートにリンク有り

    デンバーポスト紙報道大麻運転事故増加の真相

    デンバーポスト紙を都合良く利用したジェフ・セッションズ司法長官

    ニュースの出所のデンバーポスト紙とまわりの反応をまとめました

    大麻ニュースその5

    100件

    世界の大麻に関するニュースを簡単に要約したツイートまとめ

    詳細ソースはツイートにリンク有り

    大麻ニュースその6

    100件

    世界の大麻に関するニュースを簡単に要約したツイートまとめ

    詳細ソースはツイートにリンク有り

    大麻ニュースその7

    100件

    世界の大麻に関するニュースを簡単に要約したツイートまとめ

    詳細ソースはツイートにリンク有り

    大麻ニュースその8

    100件

    世界の大麻に関するニュースを簡単に要約したツイートまとめ

    詳細ソースはツイートにリンク有り

    正高佑志 医師その1

    一般社団法人 GREEN ZONE JAPAN 代表理事による医療大麻エビデンスツイートまとめ

    薬物よりも薬物政策が問題を生んでいる

    国連、WHOを筆頭に、世界は違法薬物法の改正廃止が進んでいます。

    違法に指定された薬物の再考

    世界各国で違法化されていた薬物が見直されています。

    アルコールの話

    年間340万人が死亡するアルコールは世界最強のハードドラッグです。

  • 推薦サイト

    当サイトの管理人のおすすめ

    GREEN ZONE JAPAN (日本語サイト)

    一般社団法人グリーンゾーンジャパン

    医療大麻研究の進展と、海外での臨床使用の実情を日本の方々によりよく知っていただくことを目的として設立された一般社団法人 GREEN ZONE JAPAN 。医療大麻を必要とする患者や希望する患者にいち早く届けられるよう、必要な研究が進み、制度が整備されることへの寄与を目的として、さまざまな活動を展開し、医療大麻に関する正しい知見を広く普及させることを目指しています。

    薬物政策国際委員会

    (Global Commission on Drug Policy:GCDP)

    2011年に、世界の元首脳や知識人からなる薬物政策国際委員会が、「40年にわたる国際的な薬物政策(薬物戦争)は、世界中の人々と社会に対して破壊的な影響を与え失敗した」と敗北宣言を出した。そして、薬物を使った人を刑務所に収容するのではなく、治療や福祉的なサービスにつなげることが必要だと宣言した。その3年後、2014年には、WHOも同じように非犯罪化して治療すべきだという立場に転身している。

    IDPC 国際薬物政策コンソーシアム

    薬物政策に関する客観的で開かれた議論を促進するグローバルネットワーク

    国内および国際レベルで彼らの薬物政策を見直す最良の方法に関する専門家の助言とコンサルタントサービスを政策立案者に提供します。IDPCネットワークには、政府の麻薬政策および戦略を作成または検討した経験を持つ多くの個人が含まれており、これらの個人は政策立案者との高レベルな議論に参加することができます。市民社会の利害関係者間の会話と協力を促進し、国内および地域のNGOが独自に利用できるより効果的で人道的な薬物政策に関する情報と資料を作成し、広めます。

    麻なび  (日本語サイト)

    麻の情報に特化した総合ポータルサイト

    『シンプルに、大麻は人類の生活を100%豊かにします。』
    これは、麻なびが辿り着いた結論です。
    我々はこの答えに100%の自信をもって、皆様に麻のある生活をお勧め致します。

    大麻は日本の文化です

    麻の情報に特化した総合ポータルサイト 麻なび
    どうぞ、宜しくお願い致します。

  • Twitter

    con>>切原旦陽 をフォローお願いします

  • con切原旦陽

    証拠ベースの薬物知見を提供します

    科学的エビデンス紹介

    世界各国の薬物政策紹介

    薬物関連のニュース紹介

    世界の薬物政策研究団体による情報や取り組みの紹介

    国連機関に関連する薬物政策情報の紹介

  • CONTACT

    All Posts
    ×